SE/プログラマー転職への近道|システムエンジニア転職.NET

SE/プログラマーは売り手市場。同職種なら転職は難しくない。

SE/プログラマーをやっていれば、誰しも「辞めたい」と思うことはあるものです。

上司とソリが合わない
残業休出が多すぎて体力的・精神的にキツイ
レガシー技術を使ったシステムの保守案件しかなく、新しい技術が身につかない
上からも下からも文句を言われっぱなしの中間管理職。技術力も自然と低下。
この会社での自分の3年後、5年後の姿を想像すると絶望感を感じる

などなど・・・。

ここ数年はスマホ業界を中心にIT技術者不足が続いており、IT/Web系のエンジニアは完全なる売り手市場の状態が続いています。また、マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)導入により今後も技術者不足が確定的。

SEやプログラマーは無理にIT業界以外への転職を考えない限り、転職するのはそれ程難しい状況ではありません。

今は入社から退職まで一つの会社に終身雇用される時代ではありませんので、今の会社・環境に不満があり、「こうなりたい」という願望が明確にあるのであれば転職して別の会社で自分の技術力を発揮することは悪くない時代です。

面接の日程調整とか交渉とか、内定辞退とか・・・面倒。。。電話苦手。

いざ転職しようと思ったときに、取るべき手段としては2つあります。

1.次の会社を決めてから退職する
2.辞めてから、じっくり次の会社を決める

私が転職したときは、本当は退職が決まってからじっくり次を決めたいと思いつつも、なんとなく次が決まっていないと引き留めなんかもあって辞めにくかったため、次を決めて辞めました。

スムーズに転職するためには、次に働く会社を決めたうえで、退職する旨を伝える方がベターなように思います。

ただ、SE/プログラマーというのは残業も多いですし、働きながら中途採用の求人情報を探したり、電話をかけて面接の日程調整をしたりと、転職活動するのはかなり大変ですよね。そもそも見ず知らずの会社に電話するのは苦手という方も多いと思いますし。

恐らく多くの人は、辞めたい、転職したいと思っていても、転職活動の大変さから、辞めるのを諦めている人も多いのではないでしょうか。

そういう方こそ使うと非常に便利なのが転職エージェントです。

エージェントを活用せずに、仕事をしながら次の職場を見つけるのはかなり大変

エージェントというのは、求人情報を提供してくれたり、先方企業と面接の日程調整をしてくれたり、複数内定を受けた場合に企業へのお断りの連絡をしてくれたり等、転職する際に非常に大変な企業との調整役を務めてくれる転職サービスです。

利用自体は無料なので、どうしても一人で全部やりたいという場合を除いて利用する方が何かと良いことが多い便利なサービスです。実際、仕事をしながら転職活動を平行してするのは、余程暇な時期じゃない限り難しいです。エージェントを使えばかなりの労力を軽減できますので、少しでも楽に転職活動したいなら利用した方がよいでしょう。

なぜ無料で利用できるかというと、エージェントを通して転職に成功すると転職先企業からエージェントへ人材紹介料が入るというビジネスモデルだからです。企業も優秀な人材を確保するための必要経費として、こういったエージェントとお付き合いをしているわけなのです。

また、後述しますがIT系エンジニアに特化したエージェントがあり、基本的に大手のマイナビエージェントやDODAのような、あらゆる業種を扱っているエージェントよりも、IT専門のエージェントを利用したほうが良いです。IT専門じゃないと話が通じなくて結局支援を断ってくるケースもありますので注意!

エージェントを利用した転職の流れ

STEP1: Webで転職エージェントサイトに無料登録

転職エージェントのサイトのフォームから登録すると、折り返し電話がかかってきます。登録時の備考欄などに連絡を受けられる時間を書いておくとよいでしょう。 電話の内容としては、転職の意思があるのかとか、経歴の確認、カウンセリングの日取りの調整などです。

STEP2: 希望する条件などのヒアリング

平日の夕方以降や土日に、エージェントの担当者と面談してカウンセリングを行います。ここで詳細な自分の持っているスキルや、希望する条件などをヒアリングし、後日その希望に沿った企業の求人情報や業界動向などの情報を提供してくれるという流れとなります。

STEP3: 業界情報や、求人情報の提案

メールなどで業界情報や、求人情報を複数提案してもらえます。 入ってみたい企業ややってみたい仕事内容であれば、面接したい旨を伝えます。 先方との面接の日程調整などは全てエージェント側でやってくれます。

STEP4: 入社試験を受けてみたい企業と面接

面接は緊張するものですが、通常の新規プロジェクトに参画するときの面接と同じような心構えで臨めば大丈夫です。 先方企業に適した面接対策などの情報もエージェントから得られますので、受かろうという気持ちより、本当にこの会社に再就職して後悔しないだろうか、ということを考えて色々聞きたいことをメモして面接に臨むと良いでしょう。

STEP5: 内定・入社

無事内定を得られて入社を希望するなら、最後にやらないといけないことは現会社との円満退職です。退職交渉などのアドバイスも受けられますので、無事円満退職できるように上司に退職の旨を伝えましょう。

退職の時期などを早期に決めて、転職先企業への入社時期などを詰めていきます。

また内定を受けても、やっぱりお断りしたい場合は、エージェント側で断りの連絡をいれてくれます。自分でお断りの電話をいれなくてよいのは気持ち的に楽ですね。

SE/プログラマーが利用するべきオススメのエージェント

前述した通り、エージェントには広範囲な職種をカバーするエージェントですと、エンジニアの悩みや業務内容など理解していないために、的を得ない求人を紹介してきたり、サポートも一人の担当が大勢の転職希望者を担当するために薄いサポートになりがちです。

システムエンジニア・プログラマーの場合には、IT専門のエージェントがあり、エージェント自体が元々システム受託をしていたりで、技術をある程度理解しているため、IT専門のエージェントの方を利用したほうが良いです。

IT・エンジニア専門のエージェント

いくつかエンジニア専門のエージェントがありますのでご紹介します。

レバテックキャリア
@Agent(フリーランスのITエンジニア向け)
エンジニアナビ(フリーランス専門)

私のおすすめは

一推しはレバテックキャリアです。

システム受託サービスを運営していた会社のサービスなので、エンジニアが持っているスキルをちゃんと理解できるということ。また、システム屋さんとのコネクションがあるので、人事担当だけでなく、現場のプロマネレベルとのコンタクトも取っているため、「どの会社が、どんなスキル・人材を欲しがっているか」を理解しており、スキルマッチした求人を紹介してもらえるというのがオススメする理由です。